質問に答えます☆パート1

Aloha! マイレです☆

日本でのバケーション、思いっきり楽しんでますよ~!

実は今日から船で一緒に働いていた友達に会いにフィリピンへ行ってきます(゚∀゚)♪

世界中に友達が出来るのも、多国籍な船の中(小さな動く地球のような)で働く楽しみ、醍醐味!

さて、前回の記事でお伝えしたとおり、今回は色々な質問に答えてみたいと思います。

船の中での生活のことや仕事面、スキルなど、色んな質問をいただいたので、今回は仕事面やスキルの質問に答えたいと思います。

では早速!

1,船で働くのに英語力はどれくらい必要ですか?

これが一番多いかもしれない質問です。TOEFL何点、などの正確なレベルはありませんが、日常会話が出来る、これは最低条件じゃないかと思います。

船で働く=お金を稼ぐ、

という以前に、

船で生活をする=規律を守る

が第一なので、まず船のルールを理解できなきゃいけない。船でいちクルーとして生活する為の英語力は日常会話レベル。

その上でセラピストとして働く、お客様と接するにはそれ以上のレベルが必要じゃないかな、と個人的に思います。

難しいビジネス会話やプレゼンテーションのようなかしこまった会話ではないですが、セラピストのプロとして施術をする以上、体に関する単語など、専門単語が必要になってきます、それが信頼関係を作る時のカギになったりもしますしね(人´∀`*)

なので、簡単にくくるのならば、日常会話+αがあれば問題ないと思います。

DSC01150

2,面接の時に一番頑張ったことはなんですか?

これも、1番の質問にリンクするんですが、自己プレゼンテーションです!

とにかく自分をプレゼンテーションして売り込むことが大切なので、私はプレゼンで話す文章をまず考え、何度も練りなおし、その後はひたすら練習しました。

発音、間の取り方、アイコンタクト、声の強弱などなど。

ボイスレコーダーにとって何回も聞いたり、スカイプで家族に聞いてもらったり友達の前で練習したり。

声だけじゃなく表情、体すべてを使ってアピールします。

面接は実技もありますが、日本人の細やかさ、おもてなしの精神があれば楽勝ですのでご安心を☆

ちなみに私が面接を受けた時に持っていたマッサージの資格はハワイ州ライセンス、あとは民間のマッサージスクールで受けたタイ古式マッサージやリフレクソロジーの資格です。

DSC00391

アピアランスはこんな感じ↑でいけば間違いない!

(これはアカデミーの写真なのでみんな制服ですが)

技術試験やアピアランスを気にする前に、とにかくプレゼンテーションで自分を魅せるスキルを磨くことを強くオススメします☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>